アニミ訪問

0
     高島町?にある、アニミを訪問してきました。みなとみらいのアルカエフ、ホームセンター・セキチューが入っている建物です。

    今年、ダイアログ・イン・ザ・ダークを開催するので、企業との連携を探すにあたり、相談する人する人に、「アニミのたろさんのところに行っておいで。」とは言われてました。
    それで、今さらながらですが、アニミ訪問です。

     アニミといえば、やはりカレーでしょう。「アニミ」で検索かけると、まず、検索候補に「アニミ アルカエフ」が出てきて、食べログがまず出てくるんだもんね。そんなバリアフリー活動NPOなんて、あまり聞かない。

     カレーランチセットをいただきながら、小一時間ほど、アドバイスを頂き、「心のバリアフリー」について、熱く語って頂きました。やっぱり、相談に行ったのが遅すぎました。9月の半ばのイベントなのに、8月に相談に来られても、それは困りますよね。

     「みんなが出てこられるようになった方がいいよね、ということが、共通了解になってきて、ハードウエアのバリアフリーは、そろそろ充実してきている。でも、大事なのは心のバリアフリー。移動についてだけ言ったって、最後に頼りになるのはマンパワーだもの。車いす体験、白杖体験をいくらしても、自分の心の中にバリアを作っていないかどうかを点検できる機会がないと、意味がないよね。障害者の側も、健常者経験がないと、同じように、自分と健常者は違う、という心のバリアを作りがちだ。」

     これは、ヤマモトも、常々思っていましたが、ストレートに言われて、ちょっとびっくりしました。どっちかというと小狡いヤマモトは、健常者相手のバリアフリー講義をする場合。心の中のバリアと向き合わす前に、止めるようにしてました。葛藤されると、面倒なことになるぞ、という直感がしたものですから。障害者側の健常者体験について言っても、ヤマモトの場合、自分で言うのも何ですが、普通級の中で割と出来が良く、上肢障害1級にもかかわらず、裁縫も図画も、自分より下手なのたくさん見てきたので、「健常」っていったって、ばっちり障害な部分でも自分と大して変わらないな、と感じる経験をしてきてます。たぶんこの感じのことを言っているのでしょう。けれど、こんなラッキーな経験がそうそうできるわけもない。
     こんな面倒そうなことに、正面から取り組もうとするたろさんは、やっぱりすごい人です。

     800円のセンチセットは美味でした。また行こうっと。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM