神奈川新聞厚生文化事業団

0
    6月最後の昨日、神奈川新聞厚生文化事業団へ訪問した。例年のバリアフリーフェア開催の助成金の申請と説明のためである。今年で3回目、最後の助成金となる。
    もともとかながわ県民サポートセンターに紹介されたところなので、県サポの担当者も一緒である。
    ところが、開口一番、「今年は、本当に、お金がありませんよ。」と。やはり東北の支援にお金が回っているため、ほかに回す余裕がないんだそうな。予想はしてい。とはいえ、例年の7割くらいらしい。
    今年のバリアフリーフェア・バリアフリーマーケット2011は、大がかりな催しを企画していた。というか、2月に突然思いついて、3月にあの震災、企画に着手したのが5月。で、着手してみたら思いのほか大がかりになることが判明して、いささか頭を抱え気味になっている、というのが正解である。企画の名は、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク・in ヨコハマ」この企画については、おいおい小出しに説明しよう。
    結局、助成金の申請は、バリアフリーマーケットの全容が見えてから、ということになった。
    準備期間の足りなさと、想定外の規模と、震災が重なった今年の企画。どうなることやら。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック