出展者紹介・その3

0
    2011年に引き続き、震災復興ミニ支援を企画します。ミニ支援どころかマイクロ支援だろ!という説もありますが。
    私たちと直接つながりを持つ人たちや、その紹介から、被害を受けた地域での活動をPRする場を提供する、という、NPOスクエアらしいといえばらしい、実にささやかな支援企画です。


    まずは大槌復興刺し子プロジェクトの紹介から。
    「このTシャツいいでしょう。バリアフリーフェアに呼びましょうよ。」 この数年、バリアフリーマーケットに手伝いに来てくれているヤマモトの友人が、去年の夏に購入したお気に入りのTシャツをご縁にして、熱心につないでくれたのが、この「大槌復興刺し子プロジェクト」です。すでにお買い求めになっていて、それをお召しになって来場された方もいて、去年は盛り上がっておりました。

    東日本大震災によって壊滅的な被害を受けた岩手県大槌町。家や仕事、大切な人を失った大槌の女性たちが、再び歩き出すために始めた、日本の伝統工芸「刺し子」。
    使ってくれる人のことを想い、一針一針刺して作った大槌刺し子のふきんやTシャツなど、ぬくもりのある品ばかり。

    大槌復興 かもめコースター(グリーン)大槌復興 モビールTシャツ (S, チャコール)大槌復興かもめランチョンマット&コースターファミリーセット (グリーン&茶)Amazon



    当日は刺し子さんの写真展示もしてくれるとのこと。どんな人たちが作っているのかに思いを馳せながら、ぜひ手にとってくださいね。
    大槌復興刺し子プロジェクトのホームページはこちらから



    次いで、震災のあった年からご出展いただいている磐城高箸を紹介します。
    NPOスクエアの入居団体で、バリアフリーフェアの事務局の中心になっていただいているもくもくストゥーディオつながりです。
    磐城の林業を受け継ごうと、いわき杉の間伐材を利用した高級杉箸で起業した矢先に、震災に遭遇。地震による被害に加え、放射能による被害、風評被害を受けました。
    今、次々に新しいプロジェクトに取り組んでおられます。今年の春にお目にかかったとき、「私、ただの割り箸屋なんですけどねえ。」と、笑っていらしたのが、印象的でした。

    かけ箸>写真は、「三県復興 希望のかけ箸」。
    平成23年度 全国間伐・間伐材利用コンクールにおいて、間伐推進中央協議会 会長賞を受賞

    今年も来場された方々には、杉箸を、各日先着100名様にプレゼントいたします。

    ダイブツクン
    バリアフリーフェア2011に駆けつけてくれた、オジゾークンならぬダイブツクン。


    磐城高箸の公式サイトはこちら
    社長のブログ「オジゾークンのいわき新発見」はこちら

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック